kaori-nakajima__tsumuji-banner.jpg

"TUMBLEWEED - Tsumuji" Exhibition at GALLERY 9.5 HOTEL ANTEROOM, Kyoto, 2015

kaori-nakajima__tsumuji-banner2.jpg

Mirei Takeuchi, Object, 2015

“TUMBLEWEED – Tsumuji” Exhibition at GALLERY9.5, Kyoto

- scroll down for English version

「タンブルウィード-辻(つむじ)-」

オープニング:2015年1月16日(金)18:00 – 21:00
DJ:ペーター・ケルステン(Dial, Smallville / ハンブルク)
クロージング:2015年2月1日(日)14:00 –
トーク:柳沢英輔(国立民族学博物館、京都大学)

参加アーティスト:岡本愛子、カルト・オジャベー、加古智子、小西潤、竹内美玲、仲島香、マーティン・ハスト、シュテファン・マルクス、ティム・ヴォルフ
キュレーション: 仲島香
会期:2015年1月16日(金)- 2月1日(日)12:00-19:00 無休
主催:HOTEL ANTEROOM KYOTO
会場:ホテル アンテルーム 京都 l GALLERY9.5 (担当:上田 / 髙橋)
〒601-8044 京都市南区東九条明田町7番 TEL: 075-681-5656
www.hotel-anteroom.com

助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団、ミュンヘン市Kulturreferat
協力:ホテル アンテルーム 京都

かつて日本の首都であった京都。平安京当時から碁盤の目状に走る通りが都市を形成しており、今日の街並みに現存している。整然とした構造をもち、世界中から古い寺院仏閣や庭園といった文化遺産を訪れる人々で賑わうこの街は、長い歴史に育まれた伝統工芸の都という顔のみならず、最先端技術を誇る企業によって成り立つ産業都市という一面ももつ。碁盤の目の上に人が流れ、文化が交差し、過去と現在が共存することで独自の美的感覚を持ち得るのである。

展覧会場であるギャラリー9.5は、昔の学生寮を改築し、ホテルアンテルームとして現代的に再生された建造物の中にある。ホテルという場所では、落ち着きのある京都の街の“静”のイメージとは対照的に、不特定多数の訪問者が行き交い、それぞれ次の目的地へのつかのまの時間を過ごす人々の“動”が絶えず流れる。

今回のタンブルウイード展では、街とギャラリー双方が併せ持つ新旧、静動という対極要素の交わりから着想を得、「辻(つむじ)」をタイトルとした。出会いや行来、別れにより人々や物事の動線が絡み合う場所「辻(つむじ)」。この名は、多種多様なマテリアル、メディア、コンセプトで表現された作品たちが、展示空間の中で共存、共振し独自の空間を生み出すことを示唆している。また「つむじ」という発音はつむじ頭やつむじ風を連想させ、引き続き巡回、成長していく展示「タンブルウィード」のイメージへもつながっていく。

Tumbleweed; Tsumuji (Crossroads)

Artists: Martin Hast, Satoko Kako, Jun Konishi, Stefan Marx, Kaori Nakajima, Kärt Ojavee, Aiko Okamoto, Mirei Takeuchi, Tim Wolff
Curation: Kaori Nakajima

Opening: 16th January, 2015 18 p.m.
DJ: Peter Kersten (Dial, Smallville / Hamburg)
Closing: 1st February, 2015, 14 p.m.
Talk: Eisuke Yanagisawa (National Museum of Ethnology, Kyoto University)

Exhibition: 16th January, 2015 – 1st February, 2015, every day 12 pm. – 19 p.m.
Location: Gallery 9.5, Hotel Anteroom Kyoto / 7 Aketacho Higashi-Kujo Minami-Ku Kyoto Japan

www.hotel-anteroom.com

funded by: The Asahi Shimbun Foundation, Kulturreferat München, MotionGallery
in cooperation with Hotel Anteroom Kyoto

Kyoto, imperial Japan’s former capital city, was built at the beginning of the Heian era in the 8th Century, its orderly grid structure still remaining to this day. This cultural metropolis, rich in heritage and with abundant displays of historical temples and gardens, has long captivated visitors from all over the globe.

Its long history as a center nurturing traditional hand craftsmanship is however only one side of Kyoto; the city is also a powerful economic force, plentiful in industrial, hi-tech companies specialising in information technology. These simultaneously contrasting cultures of past and present, revealed in its intersecting streets are what give Kyoto its unique sense of beauty.

Gallery 9.5 is situated next to the lobby of Hotel Anteroom, a renovated student dormitory. Hotels function as an axis around which visitors to the city, on their myriad and unconnected journeys, can take a short respite, enjoying the city’s contrasting tranquility and sense of serenity, the other axis of this dynamic equilibrium. It is from this sense of contrast that Gallery 9.5 has been conceived.

The crossroads is a place of encounters, of comings and goings, a place where people, things even, can meet, interact, and go their separate ways again. The exhibition space becomes a surrogate crossroad; a place where seemingly isolated works in varying media, materials and concepts can interact and resonate with the visitor and with one another.

 


 

 

Kaori Nakajima,”TUMBLEWEED – Tsumuji” Exhibition at GALLERY9.5, Kyoto, 2015

 

×

Comments are closed.